2015年05月05日

室内環境

こんばんは〜( ̄0 ̄)/
快適に過ごす為の室内環境は大切でございますq(^-^q)

まず、
空気が汚染される原因とは
在室者の生理的現象

在室者の作業などによる現象がある

生理的現象の中には、呼吸による酸素減少と炭酸ガスの増加
室温上昇、発汗による湿度上昇
従業員(体臭)によるもの

作業などによるものとしては、
喫煙による煙発生
暖房や炊事などによる酸素減少と炭酸ガスの増加
熱、臭気発生
塵埃の発生
内装材のホルムアルデヒド、シックハウス症候群と言う関連の深い物質などが空気汚染の原因にあげられます(´;ω;`)

室内空気汚染の許容度
二酸化炭素自体は高濃度にならなければ人体に有害ではないのですけど、人体に致命的に影響を与えるのは、8%以上になった場合となるみたいですσ(^_^;)?
快適な室内環境の創り方 (テクノライフ選書)
快適な室内環境の創り方 (テクノライフ選書)小原 俊平 管 真一郎 藤田 茂明 古沢 隆彦 安藤 啓

オーム社 1994-05
売り上げランキング : 1305200


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ここでミニ問題
1,空気が汚染される原因は在室者の(1)現象
2,内装材の(2)、シックハウス症候群と言う関連の深い物質などが(3)の原因にあげられる。
3,二酸化炭素自体は高濃度にならなければ(4)に有害ではない
4,人体に致命的に影響を与えるのは(5)%以上になった場合である。



(1)=生理的
(2)=ホルムアルデヒド
(3)=空気汚染
(4)=人体
(5)=8%
posted by まさまさ at 00:37| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。