2015年05月04日

火災の分類

A火災(普通火災)
紙や繊維などが燃える事による火災
いわゆる一般火災( ゜o゜)

A火災対応の消火器
円形の白地に黒文字マーク

水消火器、強化液消火器、泡消火器、粉末消火器があるφ(..)

B火災(油火災)
石油などの可燃性による火災
いわゆる油火災( ̄〜 ̄;)

水による消火が困難

B火災対応の消火器
円形の黄色地に黒文字マーク

強化液消火器、泡消火器、粉末消火器、二酸化炭素消火器、ハロゲン化物消火器があるφ(..)

C火災(電気火災)
感電の危険性がある火災

C火災対応の消火器
円形の青地に白文字マーク

強化液消火器、二酸化炭素消火器、ハロゲン化物消火器、粉末消火器があるφ(..)

ちなみに、市販されている消火器は使用ミスを防ぐ為に3種類に対応している消火器が販売されています("⌒∇⌒")
【改訂版】乙種第6類消防設備士試験
【改訂版】乙種第6類消防設備士試験近藤重昭

一ツ橋書店 2016-04-16
売り上げランキング : 12309


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ここでミニ問題
1,A火災=(1)、紙や繊維などが燃える事による火災でいわゆる一般火災
2,B火災=(2)、石油などの可燃性による火災
3,C火災=(3)、感電の危険性がある火災
(1)=普通火災
(2)=油火災
(3)=電気火災
【関連する記事】
posted by まさまさ at 23:58| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 消防設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418420452

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。