2015年04月25日

燃焼の4要素

こんばんは〜( ̄0 ̄)/
本日は消防に関する勉強をいたしま〜す(`ー´ゞ-☆

今回は燃えるo(`^´*)
すなわち燃焼に関する勉強でございす((φ( ̄ー ̄ )
火が燃える4要素
1、可燃物
着火した時に燃焼が継続する物質の総称
つまり、固体、液体、気体すべてで、固体は紙や木など、液体は、ガソリンなど、気体は、ガスなどです

特に注意すべきものは、指定可燃物って言います( ̄^ ̄)

2、酸素
燃焼には必要不可欠な存在が酸素です
空気中の約20%の酸素を使って燃焼してるのです(((((((・・;)

3、熱源
酸素と可燃物を結合させる源の事
ストーブや暖房器具、火気類、静電気なども熱源てなるのですε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

4、連鎖反応
燃焼の4要素が関連し、熱の発生が継続している状況の事
炎炎ノ消防隊(3) (講談社コミックス)
炎炎ノ消防隊(3) (講談社コミックス)大久保 篤

講談社 2016-06-17
売り上げランキング : 10576


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ここだミニ問題
1,燃焼の4要素は(1)・(2)・(3)・(4)
2,(5)=特に注意すべき可燃物
3,燃焼に使用していると言われる空気中の酸素は約(6)%である。

(1)可燃物
(2)酸素
(3)熱源
(4)連鎖反応 順不同
(5)指定可燃物
(6)20%
【関連する記事】
posted by まさまさ at 22:50| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 消防設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。